2022年01月07日

AHCCとは?

AHCC(Active Hexose Correlated Conmpound=活性化糖類関連化合物)とは、 担子菌(シイタケや、マツタケ等のキノコ類の事)の菌糸体を大型タンクで長期間培養して精製された菌糸体培養抽出物の事です。

代表的な担子菌(キノコ類)には、「キノコ系」と一般的に呼ばれている健康食品の原料になっている、シイタケ、マツタケ、マイタケ、アガリクス等があります。

一般的に食用とされるキノコ類の多くは、カサ(子実体)の部分です。
しかし、AHCCは、担子菌の根にあたる「菌糸体」を大型タンクで長期間培養して、製品化されています。
posted by きのこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AHCCとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。