2008年05月04日

難しい長期培養

これまで、担子菌(マツタケ、シイタケ、アガリクス等のキノコ類)の菌糸体を長期培養することは、難しいとされてきましたが、 AHCCは独自の無菌維持設備により、長期培養を可能にしました。

AHCCの製造工場は、品質保証の国際規格「ISO9001」と食品の衛生管理の国際規格「HACCP」を組み合わせた「HACCP−9000」の認証を取得しており、 製品の製造に関わる、安全衛生・品質管理の充実が図られています。
posted by きのこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AHCCの担子菌培養法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38547021

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。