2008年05月02日

有用成分「AHCC」

多くのキノコ系の健康食品の主成分は「β-グルカン(ベータグルカン)」と呼ばれる分子量の大きい多糖類です。

AHCCは、独自の製法によって、他のキノコ系健康食品にはみられない物質を含有しています。

その成分が「アセチル化α-グルカン(アルファグルカン)」です。
「アセチル化α-グルカン」は、分子量が小さく(分子量 約5000)、「β-グルカン(分子量 数万から数十万)」と比較すると、吸収率に優れていると考えられます。

また、AHCCは、「アセチル化α‐グルカン」以外にも、大型の培養タンクの中で発生する、担子菌の酵素反応によって得られるさまざまな成分が含まれています。
posted by きのこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | AHCCの成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38548233

この記事へのトラックバック


Excerpt: 酵素反応酵素反応(こうそはんのう)とは、酵素が触媒する生化学反応である。酵素反応速度日本工業規格に「酵素は選択的な触媒作用を持つタンパク質を主成分とする生体高分子物質」 (JIS K 3600-131..
Weblog: 酵素BOX
Tracked: 2007-10-09 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。